WAKU JEWELRY Blog

和久譲治のジュエリーブログ

 

レナード・バーンスタイン(Leonard Bernatein)

 

 

f:id:blogwakujewelry:20190623115515j:plain

 

 まだクリムトの「ベートーヴェン・フリーズ」(参照)に魅せられています。ほとんど仕上がった金属原型(参照)製作は、レナード・バーンスタイン指揮のベートーヴェン「歓喜の歌」を聞きながらの作業です。フリードリッヒ・フォン・シラーの「歓喜に寄す」の概念をレナード・バーンスタインは本当に理解しているのでしょう、メロディーと概念と絵画が入りまじり、心に響きます。

「フリードリッヒ・フォン・シラー」、「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」、「グスタフ・クリムト」、そして「レナード・バーンスタイン」の流れ。

このうち「シラー」と「バーンスタイン」はユダヤ教徒です。

 曲が終わると、相棒はへルベルト・フォン・カラヤンのヨハンシュトラウス二世を大音量で響かせます。美しく、荘厳で、格調高く。

私の心地よい瞑想は、ドナウの流れのようなワルツとともに消え去りました。

私は好奇心や疑問で、頭をいっぱいにすることが好きです。

 私はレナード・バーンスタインのほうが好きだ! 田園風景の中、ユダヤ共同体の素朴な人々の姿が浮かぶ。

 

ロンドン留学中、ジュエリーメイキングを学ぶ、年の近いユダヤ人の友達がいました。よく話すようになった頃、彼は彼のお母さんが作る「ヨークシャープディング(Yorkshire・ pudding」を、食べに来ないかと誘ってくれました。エリザベス女王二世のシルバージュビリー(即位25周年・1978年6月2日)で休日の良く晴れた日、彼の住むロンドン郊外のまちに出かけました。車両の両側面がほとんどドアの通勤電車だったことも憶えています。

街に出ると、ほとんどの人は、山高帽に長いひげを蓄え、フロックコートの黒装束でした。ユダヤ人の居住区があることを、この時初めて知りました。

 白髪が混じり、少し外側にカールしたショートヘヤーの、ほっそりした彼のお母さんに迎えられ、さっそく三人での食事が始まります。家庭料理の ローストビーフとヨークシャープディングを、味わいながら静かにいただいた記憶があります。TVにはシルバージュビリーの映像が流れていましたが、だれもこのことに関しては言及しません。

 食事が終わり、お茶を飲みながらくつろいでいた時、私は浅い知識から、配慮のないことを言ってしましました。

 「Raid on Entebbeを見たけど、面白い映画だったよ。」

 実話である、イスラエル国防軍の「エンテベ空港奇襲作戦」をえがいたアメリカ映画(1976年、)で、国防軍兵士の英雄的活躍の話です。この映画以前に、第4代イスラエル国防軍参謀総長、第5代国防大臣の「片目のモーシェ・ダヤン」の活躍する「イスラエル建国」の映画も見ていました。平和ボケの日本人であった私は、恥ずかしいことに、「ユダヤ人=イスラエル」程度の知識しかなかったのです。

いつものように、彼は私の目を静かに、真正面から見つめ 言いました。

「僕は、戦争を娯楽にするのは好きではない。」

私は軽くうなずくだけで、なにも言えませんでした。共同体に暮らすユダヤ人でも各々が良く学び、よく考え、自分の意見をもっています。その時から私は大切なことを実行してきました。「自分の言葉を大切にすること。」、「一言でも自分が発した言葉には、全面的に責任を持つこと」です。そのせいで、融通利かないやつとして仕事をしてきました。日本では、軽口がコミュニケーションだと考えてる人さえ多くいました。

当時ロンドンで知り合い、友だちになった人は、静かに言葉を選んで話す人が多かったようです。話すことが楽しく、静かな喜びを感じたものです。言葉はその人の人格です。本を読むことも、その人を感じて会いたくなる人がいます。少し体力も回復してきました。静かにいろいろな文化を語り合える人に会いたくなりました。

 

 今、少しだけ解ってきました。「ユダヤ人」、「ユダヤ共同体」、「ユダヤ教」の言葉も、それぞれの地域性、歴史、概念があり、それぞれに派閥があり、決して安易な決めつけた観念を持つべきではないことです。

 

 

      

ビーズ 国立民族学博物館・国立科学博物館 共同企画展

Beads in the Worldhttps://blog.hatena.ne.jp/blogwakujewelry/blog-https://blog.hatena.ne.jp/blogwakujewelry/blog-wakujewelry.hatenablog.jp/entrieswakujewelry.hatenablog.jp/edit?entry=17680117127200338079

 

古来、ビーズは「雨」の表象ですから、国立民族学博物館所蔵には民衆によって引き継がれてきた概念が宿った、興味深い品々があるはずだと思って見に行きました。以下の写真を見てください。クリムトの作品にもあふれていた「輝く雨」など、その背景に興味の湧く多くの資料に出合えました。解説もしたいのですが、会期がこの週末までです。とりあえず、写真を上げます。興味のあるお方はどうぞご覧ください。

 

 

f:id:blogwakujewelry:20190614205809j:plain

(1)首狩りに赴く戦士の護符;台湾、タイヤル族

 

タイヤル族が首狩りに赴く時の装飾品です。「雨粒」、「輝く雨」、そして「〇に十」雨による平衡です。首狩りに赴くのは「雨による平衡の女神」であることが解ります。

 

 

f:id:blogwakujewelry:20190621213951j:plain

(参照)

 

「平衡、水牛の角」、「平衡、Sheveron(ギザギザ線)」、「平衡、豚鼻」に捧げられた「頭蓋骨、死」。

「生命の誕生・豊穣」がバランスを取ります。

「首狩り」の意味の源流はここに辿れます。

f:id:blogwakujewelry:20190614205932j:plain

(2)仮面;カメルーン、バミレケ族

 

f:id:blogwakujewelry:20190505234146j:plain

(参照)

 

ひし形◇(輝く雨)(参照)、最近では、クリムトの絵にあふれ、皇室行事で 三種の神器天叢雲剣 (あまのむらくものつるぎ) (草薙剣 (くさなぎのつるぎ) )を包んでいたのもひし形紋」でした。形而下の文化史」では「Dovecot(鳩小屋)、Tarabados,Tinos(ティノス島、キュクラデス)」(参照)などに現れています。

 

f:id:blogwakujewelry:20190614210017j:plain

(3)玉飾り;鹿児島県徳之島

 

中央の、六角形に多数の(三角・△)が付いた表象は、(三角・△)が女神の意味で表象されていることをよく表しています。つまり「六芒星」は「ダビデの星」ではなく、「雨の花・雪」(参照)の意味であり、雨粒でできた花、そして上部の横に並んだ「女神」と併せ、「雨の女神の遍在」を表しています。鹿児島県徳之島に現れた、アイルランド、イベリア半島から伝播したBC3,000年頃からの概念です。地中海の海洋民が太平洋を北上したことが分かります。

 

アーカイブ

ワクジュエリー ブログ

 

今日のアトリエ; ジュエリー & アクセサリーメイキング(1)

 

f:id:blogwakujewelry:20170712205405j:plain

 

作業台の上が混乱を極めた夕方、やっと新作の金属原型が仕上がりました。ジュエラーの私がなぜこんなにも究極のアクセサリーを作りたいのか。原型作りは、一作創るごとに命を削ります。でも面白いんです!ジュエリーメイキングは確かな知識と技術を正確に積み上げる作業です。一方オリジナルアクセサリーメイキングはパズルのように、持てるすべての知識、技術、美意識を「テーマ」に集約する作業なのです。発注元の企画者の考え、販売員の希望、販売店の顧客文化、時代の流行、それらを考えたデザイナーのイメージや色彩、スケッチ、これらすべての諸条件を立体に作っていきます。ちょっとした線一本の仕上げ方や0.1mmの違い、とりわけ「丸みと直線のバランス」が、優しさや贅沢さ、上品さや厳粛さなどを表現します。そして、関わったすべての人にとって、イメージ以上の完成品になるように。

こうしたスタイルでアクセサリーを作るのは、ロンドンから帰ってからの仕事のせいだと思います。長年間続いた、ファッションショーや撮影用アクセサリーの仕事では、多くのデザイナーやスタイリスト、雑誌編集者に出会いました。「貝」、「地中海のブルー」なんて文字で書かれたデザイン画から製作することも、何度か経験しました。変わったところでは、銀座(株)コージアトリエの渡辺弘二さんのオートクチュール・ショー用の依頼でした。依頼されたイメージは「観音菩薩」。若かった私はイメージが湧かなかったので、モデルを使った仮縫いの現場で、床に座り込み、一気にデザインを描きました。

 広島県福山市にある日本履物博物館の展示用レプリカ「ツタンカーメンの黄金のサンダル等」は現物の詳細な測量図面や写真から、当時の工具や技術を考え出しながら仕上げました。興味深かった仕事です。

「世界蘭展」の図録用作品を創ったときには、造形的なスパイダー蘭に感動して作品に選びました。アクセサリーにとって「造形」は骨格のようなもので、どんなに装飾的なデザインにも、しっかりした「造形」をベースに考えています。だから、作品的なアクセサリーには、装飾的なものを脱ぎ捨てた「造形」が表面に現れます。アクセサリーの金属原型では裏側に造形美があらわれるように心がけています。裏側には建築物と同じように構造的な強度を考えるので、造形美を表現するのです。

f:id:blogwakujewelry:20170714220411j:plain

スパイダー蘭 和久譲治 ;欄の世界’92 読売新聞社

 

旧(株)鐘紡・リリー・エ・ダニエルのコンセプトメイキングはアンティーク・ジュエリーやヴィンテージ・アクセサリーの研究に没頭出来た、贅沢で、幸せな時間でした。(参照)

雑誌「vogue]のネックレスは、編集の方が「東京中を探しても物語風の記事用撮影に、イメージが合うものがない。」と困っておられ、イメージを聞き、僅か数日で完成させたものです。この時初めて、オリジナルアクセサリーに「プティコリエ」のブランド名を付けました。参照)

ア!忘れていた恥ずかしい思い出。森公美子さんが舞台で「タイタニック」を歌う時に着ける、「大きなサファイアのペンダントを頼まれて、映画を見に行きました。しかし、仕事を忘れ号泣し、失笑を買ったことがありました。サファイアは大きすぎて、ガラスの光沢に拘った私は、素材が見つけられず、モザイクの様にファセットを繋ぎ合わせました。大変でした。でも以後ガラスを自由に成型できる、簡単なテクニックを持つことになりました。アクセサリーメイキングのテクニックは作品の「テーマ」に合わせ、新しく考えます。これもアクセサリーメイキングの楽しいところです。

 懐かしく、楽しかった仕事の想い出が、次から次へと浮かんできます。

知識、技術、美意識を、好奇心を糧に磨き続けること。楽しいことです。

だから今も続けています。

 

ただ、今になって思います。ワクジュエリーメイキングスクール(ジュエリー教室)もいつまでも続けられません。こうした仕事をめざす人がもっと出て欲しい、作り上げた技術だけでなく、「考え方」を伝えたいのです。

© 2019 JOJI WAKU Blog. All rights reserved.