WAKU JEWELRY Blog

和久譲治のジュエリーブログ

 

SILVERSMITHING・銀食器作りのテクニックとジュエリーメイキング

 

 

f:id:blogwakujewelry:20190713135623j:plain

(1)チューリップ・ブローチ silver92 5;Petit Fiori 和久譲治

 

これからしばらく、私がロンドンで学び、ジュエリー&アクセサリーの金属成形に役立てている「silversmithing(銀食器作りの技法)」、「Forging(鍛金)」について、工具、テクニックの両面から書いていくことにします。

 

f:id:blogwakujewelry:20190713185313j:plain

(2)Forging(鍛金)用 オリジナルStake & anvil(金床・烏口)和久譲治

 

 

f:id:blogwakujewelry:20190729110847j:plain

(3)「Forging(鍛金)」用Hammers;小型のボールはないので作りました。

 

「silversmithing(銀食器作りの技法)」の中心的な技法は、金属の一枚板から皿やボール、ポットを成形していく「Raising(絞り)」になります。板の厚さを変えずに、深い立体を作れる技法ですが、ジュエリー&アクセサリーの制作で用いることは少ないので説明は後にします。(写真(1)・(3)・バラやチューリップの膨らみの大きいところはRaising(絞り)しています)

まずは「Raising(絞り)」ほどの立体を伴はない「Forging(鍛金)」について、私の経験から大切なポイントに絞って説明していきます。

 

f:id:blogwakujewelry:20190713204857j:plain

(4)バラとチューリップ・ブローチsilver92 5;Petit Fiori設立以前、銀座専門店用として  和久譲治 

 

1995年頃、バラ好きの私は、毎日毎日バラの花びらを押し花にして、コピーし、修正して型紙を作り、銅板を切り、Stake & anvil(金床・烏口)を作り、金づちを成形しながらたたいていました。大小様々なバラの花びらが生れました。

 

f:id:blogwakujewelry:20190729100853j:plain

(5)1995年資料

 

f:id:blogwakujewelry:20190729100654j:plain

(6)Putite collierのバラブローチ

 

「Petite fiori」,「Putite collier」にもこの頃に制作した「バラの花びら」が使われています。写真(7)は写真(6)の花びらの先端を成形するために作ったオリジナルStakeです。

 

f:id:blogwakujewelry:20190713185347j:plain

(7)

 

さてここから「Forging(鍛金)」の重要なポイントを説明します。

しかし、金属製のStake & anvil(金床・烏口)と金属製のHammer(金槌)で「Forging(鍛金)」を始める前に、少しだけでも製品の厚みを失わないための下準備があります。

 木型と木槌、木型とHammer(金槌)、金属製型と木槌による、大まかな成形です。(よくなまして行います。)

 金属製型とHammer(金槌)はその形で完成品になるとき、軽く、軽く使用して、最終仕上げに使います。(Planishing)

それ以外写真(8)和久ノート(1)で示しているように、金属と金属の工具で加工品を挟むことは、加工品の厚みを失うため、絶対にしてはいけません。この大まかな成形の時でも、たたく裏側には、かならず空間があるようにセットします。また金属製の成形台のエッジが、製品を傷つけないように注意しなくてはいけません。

 

f:id:blogwakujewelry:20190807215456j:plain

(A)

 

f:id:blogwakujewelry:20190807215559j:plain

(B)

 

f:id:blogwakujewelry:20190807215653j:plain

(C)

 

f:id:blogwakujewelry:20190811152138j:plain 

(D)

 

そして、「Forging(鍛金)」にはいります。

「Forging(鍛金)」はHammer(金槌)とStake & anvil(金床・烏口)の作業になります。ですから仕上げ(Planishing)以外ではHammer(金槌)とStake & anvil(金床・烏口)で製品となる金属を挟むことはありません。写真(8)和久ノート(1)のように支えるポイントとたたくはポイントは少しずらします。図ではエルがずらす距離になります。たたいた時、製品となる金属の振動が大きくならないで、金属が変形する距離になります。「なまし」の状態、金属の厚さ、Hammer(金槌)とStake & anvil(金床・烏口)の大きさによってさまざまですが、だいたい1~2mmの距離にスイートポイントがあるはすです。

スイートポイントは見て確認することができません。ですから、音、指先に伝わってくる振動などで感じることになります。Hammer(金槌)でたたいた力が製品となる金属を変形させながら、反発することなく、その中にすべて吸収されるときには、製品となる金属は限りなく柔らかく感じるはずです。強くたたいてはいけません。指先に情報が伝わらなくなります。私はアトリエに籠もり、たたき続けて一か月くらいで、スイートポイントを理解したように感じました。

 

f:id:blogwakujewelry:20190730213252j:plain

(8)和久ノート

 

(2)は線材、板材を曲げるたたきです。ヤットコを使うと深い傷をつけてしまいます。また、ヤットコで曲げた曲線は、伸びやかできれいな曲線になりません。丸みのある金床に木槌を使います。

 (3は自動車のへこみを修理するのと同じような技術です。金属と金属の工具を使うため、深い傷をつけないように丸みのある金床(Stake)、Hammer(金槌)を使います。写真(3)のHammer(金槌)は場面に合わせて、すべて使用できます。金床(Stake)とHammer(金槌)の作品金属に触れる面積の少ない方に、押し出すような力が働きます。ですから同じ形状の工具でも大小が必要になります。Hammer(金槌)とStake (金床)で製品となる金属を挟むことがないように、スイートポイントを連続して感じることが大切になります。

 

 

 

f:id:blogwakujewelry:20190713185439j:plain

 

 

 

© 2019 JOJI WAKU Blog. All rights reserved.