WAKU JEWELRY Blog

和久譲治のジュエリーブログ

 

和久コレクション(1)

 

 

キリスト騎士修道会十字章

 

 

f:id:blogwakujewelry:20201202190420j:plain
ガーネット、ロック・クリスタル(水晶)、silver


歴史

 

第1回十字軍で得た聖地エルサレムの防衛にため、1119年に「テンプル騎士団」(参照)が誕生します。1128年、教皇ホノリウス2世に認可され、国境通過の自由、課税の禁止、教皇以外への服従の免除などの特権を与えられた「テンプル騎士団」は、自前の艦隊までをもった、ヨーロッパや地中海で商業活動、金融活動を伴う勢力に発展していきます。国王をも凌ぐ財力とネットワークを恐れたフランス国王フィリップ4世は、騎士団の壊滅と、資産の略奪を計画し、1307年、騎士団の会員を逮捕します。フィリップ4世の影響下にあった教皇クレメンス5世は、公会議で騎士団の禁止を国王たちに求めました。

その時、ポルトガル王ディニス1世は、レコンキスタやポルトガル王国復興に貢献したポルトガルの「テンプル騎士団」を保護して、「キリスト騎士団」として再構成し、「テンプル騎士団」の資産、財産を継承させます。1318年、「キリスト騎士団」は創設されました。

 

大航海時代

 

f:id:blogwakujewelry:20201202190806j:plain

 キリスト騎士修道会大十字章 18世紀後半 銀 ガーネット 水晶

リスボン国立美術館蔵;ポルトガル 栄光の500年展(この展示を見て、リスボンに出かけました。)

 

711年以来ポルトガルの国土は、イスラム教徒に征服されていました。

1415年、レコンキスタ(キリスト教徒の国土回復運動)を終えたポルトガル王ジョアン1世は、ジブラルタル海峡を渡り北アフリカのセウタを攻略します。この戦いで武勲を立てたエンリケ王子(後にエンリケ航海王子と呼ばれる。)は騎士に選別され、1417年には キリスト騎士団の団長の座につきます。エンリケ航海王子は キリスト騎士団の財力を用い、イスラム教徒が独占していた金、香料を目指し、アフリカ西海岸を目指します。航海者を支援し、何度も探検隊を派遣したエンリケ航海王子のキャラベル船は、アフリカ南部にまで到達し、ポルトガル大航海時代の基礎を築きます。

1484年に団長の座に就いたのは、1492年にポルトガル王になったマヌエル1世でした。

マヌエル1世は、同じキリスト騎士団のヴァスコ・ダ・ガマに命じ、喜望峰を経てインドまでの回路を開きます。ヴァスコ・ダ・ガマは自らの紋章に、キリスト騎士団十字を入れています。

 

f:id:blogwakujewelry:20201214194920j:plain

 キリスト騎士団十字  wikipedia

 

さらにマヌエル1世は 1,500年に、ポルトガルの軍人であり、キリスト騎士団の探検航海士、ペドロ・アルヴァレス・カブラルに命じ、大西洋を西に、香辛料を目指し、インドに向かわせます。13隻の大船団は期せずして南アメリカ大陸(ブラジル)に至り、この地の領有を宣言します。その後さらに西に向かいインドを経て、世界一周の航路を開くことになります。ブラジルの領有は後に、写真に見られるスタイルの「キリスト騎士修道会十字章」の誕生を、宝石の供給で支えます。そして今まで観てきたように「キリスト騎士修道会十字」はポルトガル海軍と結びついています。

 

f:id:blogwakujewelry:20201220183644j:plain

 NRPサグレス、ポルトガル海軍大型練習帆船(エンリケ航海王子がザグレス岬に航海学校を設立したことに由来する)、エンリケ航海王子ゆかりの「キリスト騎士団十字紋章」が見える。

 

そして、このスタイルの「キリスト騎士団章」の誕生に関して言えば、一番重要な役割を果たしたのは「ポンバル侯爵セバスティアン・デ・カルバァーリョ」だと考えます。彼は国王ジョゼ1世の信認を得て、ポルトガル王国総務大臣(1,750~1,777年)となり、財政改革や工業化のため、独裁的な権力をふるいます。カルバァーリョに独裁的な権力を与えた国王に不満を持った貴族は、ジョゼ1世暗殺未遂事件(1,758年)を起こします。カルバァーリョは関わった貴族を処刑し、国内やブラジルに多くの利権や領地を持つ「イエスズ会」を、関りがあるとして、ポルトガルから追放します。

ブラジルの領有をめぐってはオランダ、フランス、スペインと次々対立してきましたが、カルバァーリョが王国総務大臣に就任して間もなく、1,750年10月にスペインと結んだマドリード条約によって、現在のブラジル全土を領有することになります。カルバァーリョは国王支持者にブラジルの運営を任せ、商業政策を推し進めます。

 

f:id:blogwakujewelry:20201223184816j:plain

キリスト騎士修道会十字章  Museu Nacional de Arte Antiga

 

ここで注目したいのは、私のコレクションもリスボンのMuseu Nacional de Arte Antiga 」にある「キリスト騎士団章」もすべて、宝石の色から見るとブラジル南部リオグラデドスル州のアメジストと水晶が使われていることです。そしてこれらが作られたのは、

カルバァーリョの王国総務大臣在任期間と重なっていることです。(石留の技法からも証明できます。)

つまり、キリスト騎士団の団員がブラジルの運営に多く関わっていたか、又はブラジルの経済活動でブルジャージとなった商人が、名誉のためキリスト騎士団に入会したことを物語っています。

次はそのジュエリーの技法についてみていきます。

 

 

 

 

 

 

 

© 2019 JOJI WAKU Blog. All rights reserved.